カテゴリ 遙か4 遙か3 遙か2 完売

>> カートの中身を確認する

BOOKS INFORMATION

『 Strawberry Talk 』

発行日:2010/02/21    価格:500円
サイズ:A5 (オフ) / ページ:表紙込 52P / 重さ:95g / 厚さ:4mm

2月下旬……といえば、柊の誕生日! そんなわけで、誕生日にかこつけた、おバカさ全開の1冊です。
テーマは「誕生日おめでとう!」と、表紙を見てのとおり「苺&クリームでデコレーション」。
いろいろなことをあまり深く考えず、ノリと勢いで楽しんでいただきたく思います!

「かまめし屋」のシモムラケイコさんとの合同誌です。
シモムラさんの漫画と、羽鳥の小説が、1本ずつ入っています。(話はそれぞれ独立しています)

※18歳未満の方はご遠慮ください。

※「とらのあな」に委託販売をお願いしております。

[ Strawberry Talk ]

『 コンフィデンシャル・デザイア 』

発行日:2009/12/29    価格:1000円
サイズ:A5 (オフ) / ページ:表紙込 108P / 重さ:196g / 厚さ:8.5mm

復興を始めた中つ国で、新たに即位した女王――
王宮には、彼女の威光を疎んで蔑ろにする者、そして後ろ盾を持たない彼女を利用しようとする者たちの、様々な思惑が渦巻いていた。
政もままならず、無為に過ぎて行く毎日に、政務を執る千尋は悩みを募らせてゆく。
そんな中、宰相として女王に仕える狭井君は、柊にある「計画」を持ち掛けた。

柊×千尋で、柊ED後を舞台にしたシリアス長編です。
柊と千尋の恋愛を軸に、王宮内の政略、狭井君の暗躍、それぞれの駆け引き、といった要素を盛り込んでいます。
表紙イラストで「かまめし屋」のシモムラケイコさんにお世話になりました。

※18歳未満の方はご遠慮ください。

【ご注意】
・柊がかなりのサディストぶりを発揮しています。
・成人向の描写が多量、かつ、結構えげつなかったりします。
・狭井君周辺の設定も(メモブを土台にしつつ)いろいろ捏造しています。

※「とらのあな」に委託販売をお願いしております。

[ コンフィデンシャル・デザイア ]

『 Lovely Darling, Pinky Honey 』

発行日:2009/09/20    価格:500円
サイズ:A5 (オフ) / ページ:表紙込 54P / 重さ:94g / 厚さ:4.5mm

「このところ、柊はちょっと働きすぎだと思わない?」
中つ国各地を飛び回り、橿原宮にいたらいたで仕事漬け。
柊の身体を気遣うのと同時に、ふたりでゆっくり過ごす時間もない――と、千尋の中には不満が募るばかりだった。
せめてもう少し、柊と過ごせる時間が欲しい、と思った千尋は、自分なりに行動を起こしたのだが……。

柊ED後、女王千尋&臣下柊のベタにラブコメ路線な一冊。
基本バカップル、たまには痴話喧嘩、でもやっぱりバカップル……というお話です。

※18歳未満の方はご遠慮ください。

※「とらのあな」に委託販売をお願いしております。

[ Lovely Darling, Pinky Honey ]

『 玻璃の鳥籠 』

発行日:2009/08/15    価格:600円
サイズ:A5 (オフ) / ページ:表紙込 68P / 重さ:115g / 厚さ:4.8mm

「病めるときも、健やかなるときも――」
永遠を誓い合ったとき、ふたりの瞳には幸福な未来だけが映っていた。
寄り添い合って過ごす平穏な日常の中で、しかし、柊は徐々に心の安定を失ってゆく。
夢に魘される柊の姿を見た千尋は、日毎に不安を募らせながら、解決する術を見出せずにいた。
――やがて、柊は自らを脅かすものの正体を知る。
それは、決して忘れることのできない、彼の『過去』そのものだった……。

柊×千尋で、柊ED後を舞台としたシリアスストーリーです。妄想・捏造を多々織り込んでいます。いわゆる「成人向」の描写はありませんが、かなり匂わせてはいますので、苦手な方はご注意ください。
表紙イラストで「かまめし屋」のシモムラケイコさんにお世話になりました。

※本文中にところどころ、文意とは無関係な記号が入ってしまっています。これは、作業の都合で挿入していた記号を、編集段階で削除し忘れたことが原因です。お見苦しくて申し訳ございませんが、ご了承の上でお読みいただけましたら幸いです。

※「とらのあな」に委託販売をお願いしております。

[ 玻璃の鳥籠 ]

『 落花繽紛 』

発行日:2009/05/03    価格:600円
サイズ:A5 (オフ) / ページ:表紙込 58P / 重さ:110g / 厚さ:5mm

「高千穂の地に、奇異なる事件あり――」
平和であるはずの中つ国において、ある日、奇妙かつ血生臭い事件の報せが王宮へと齎された。自ら調査に赴く千尋に従い、柊は因縁の地である高千穂へと向かった――。

柊×千尋。柊視点で、柊ED後(女王千尋・側近柊)前提のお話です。基本的にシリアス路線、そしてガッツリR指定。柊が壊れ気味というか、少なからず下克上な雰囲気になっております。
あと、うちの本にしては珍しく、若干(本当に若干ですが)流血注意でもあります。

※18歳未満の方はご遠慮ください。

[ 落花繽紛 ]

『 uncolored : II 』

発行日:2009/02/08    価格:500円
サイズ:A5 (オフ) / ページ:表紙込 60P / 重さ:105g / 厚さ:4.5mm

黒龍の消滅によって、豊葦原には平和が齎される。中つ国に戻ったふたりにも、穏やかな幸せが訪れるはずだった。
しかし、共に過ごす日々の中で、徐々にふたりの気持ちは擦れ違っていく――。

柊×千尋。思い切りシリアス路線です。
「柊って……」「既定伝承って……」ということをうっかり大真面目に考えてしまい、もろもろ妄想という名の捏造によって補完しつつ、ゲームの序章以前〜終章以降までを書いているお話……の「後編」です(前編は2008年12月発行)。後編は、ゲームED以降のお話になります(ので、展開は捏造100%)。
カラー口絵で、PKBの要さんにお世話になりました。

※18歳未満の方はご遠慮ください。

[ uncolored : II ]

『 uncolored : I 』

発行日:2008/12/28    価格:600円
サイズ:A5 (オフ) / ページ:表紙込 66P / 重さ:110g / 厚さ:5mm

全ては初めから定められた道。
ただひとつ、望む結末へと辿り着くことが、時を流離う意味だった。
しかし――

柊×千尋。結構シリアス路線の1冊です。
「柊って……」「既定伝承って……」ということをうっかり大真面目に考えてしまい、もろもろ妄想という名の捏造によって補完しつつ、ゲームの序章以前〜終章以降までを書いているお話……の「前編」です(後編は2009年2月発行)。

[ uncolored : I ]

『 Quiet Rose 』

発行日:2008/09/14    価格:400円
サイズ:A5 (オフ) / ページ:表紙込 36P / 重さ:65g / 厚さ:2.5mm

柊×千尋の2冊目、今回も柊ED後の話です。結構シリアス寄り。

相変わらず真意の見えない柊に、もどかしさを覚える千尋。
近付こうとすればするほど、心が擦れ違っていくばかりで――。

※18歳未満の方はご遠慮ください。

『 ちよろずの 』

発行日:2008/08/24    価格:400円
サイズ:A5 (オフ) / ページ:表紙込 34P / 重さ:60g / 厚さ:2.5mm

風早×千尋、A-LINEの綾さんとの合同誌です。綾さんが熊野あたりのお話で漫画、羽鳥が真ED後のお話で小説をかいてます。
ほのぼの甘め……ではないかと。

[ ちよろずの ]

Dojin-OrderDX (Version 6.91) -

☆admin mode☆